薬用養命酒で足の冷えが改善しました

スポンサーリンク

長年、足の冷えで悩んできましたが、薬用養命酒を飲み始めてから冷えを感じる事が少なくなりました。
独特の生薬の味と香りは徐々に慣れていき、寝る前に飲む習慣がつきました。

薬用養命酒

養命酒製造株式会社が出している商品です。
薬用養命酒は「病気ではないけれども健康ではない(胃腸虚弱・肉体疲労・冷え性)」という状態に対して、人間が本来持っている力「治癒力」を高め体の内側から健康な状態へと導いてくれます。


養命酒の詳細

①成分
14種類の生薬が配合されています。
ウショウ、ヤクモソウ、コウカ、ウコン、ケイヒ、チョウジ、ジオウ、インヨウカク、ニクジュヨウ、トチュウ、シャクヤク、ニンジン、ボウフウ、ハンピ。
添加物として、みりん、アルコール、液状ブドウ糖、カラメルが含まれています。
アルコール分14vol%(日本酒やワインと同じくらいの度数)。

②効能
胃腸虚弱 、食欲不振、血色不良、冷え症、肉体疲労、虚弱体質、病中病後

③用法・容量
成人:1回20mL、1日3回、食前または就寝前に服用

④使用上の注意
1.次の人は服用しないでください。手術や出産直後等で出血中の人。(血行を促進するため)2.乗物または機械類の運転操作を行う場合は服用しないでください。(アルコールを含有するため)3.次の人は服用前に医師または薬剤師に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)授乳中の人。
(4)本人または家族がアレルギー体質の人。
(5)薬によりアレルギー症状をおこしたことがある人。
(6)アルコールに過敏な人。
4.次の場合は、直ちに服用を中止し、添付文書を持って医師または薬剤師に相談してください。
(1)服用後、発疹・発赤、かゆみがあらわれた場合。
(2)服用後、胃部不快感があらわれた場合。
(3)しばらく服用しても症状がよくならない場合。

 

養命酒を飲む前の体の状態

足首から下が常に冷たい状態でした。
夏でも冷たく、冬は布団に入っても足先が冷たくて寝付くのに時間がかかっていました。運動は日常に取り入れていて、湯船にも毎日浸かっていました。
食事にも気を使っていましたが、冷えの症状は良くなりませんでした。

 

養命酒を飲み始める

昔から長く愛され続けている養命酒を飲んでみる事にしました。
体に合うか不安だったので、まずは就寝前の一日1回から飲み始めました。
飲むと胃の辺りが、かーっと熱を帯びているような感覚がありましたが、最初は、夜中に体が熱くて目が覚めてしまう事がありました。
数日経つと、体が慣れてきたのか、いつも通り朝まで目が覚めることなく寝られました。

 

養命酒の効果

冷えが改善されてきたと感じ始めたのは、飲み始めて2ヶ月経った頃です。前ほど足の冷えの事が気にならなくなっていました。
そして半年ほど経つと、足の甲の血管が見えるようになってきたのです。
今まで肌の色が青白く、血管があるのかないのかわからない状態でしたが、血管が見えるようになったのは嬉しく思いました。

 

のど飴

養命酒製造の「のど飴」が発売されたそうです。配合されているクロモジエキスが風邪症状を軽減する効果があるそうで、とても気になる商品です。

おわりに

養命酒を飲み始めてから生活は今まで通り変えていません。
平行して行なっていた運動や筋トレ等の効果もあるかもしれませんが、養命酒の効果は少なからずあると思います。
アルコール分が含まれているので、日中は飲まず、就寝前のみにしています。
最初は、独特の風味と味で顔がゆがむかもしれませんが、慣れると思います。今回実感したのは冷えの改善でしたが、飲み始めてから風邪をひきにくくなりました。冷え以外にも、体全体が良い方向へと向かっている気がします。
これからも飲み続けていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました