ヘアカラーをやめてツヤが出た!地毛に戻して良かった6つの事

スポンサーリンク

ヘアカラーは気分が上がったり、雰囲気を変えることができる髪のオシャレです。私も今までヘアカラーを楽しんできましたが、髪が薄くなってきた事をきっかけにやめました。地毛に戻したことでツヤが戻り、髪も少しずつ生えてきました。美容院の滞在時間が短縮できて節約にもなっています。

地毛に戻して良かった6つの事

ヘアカラーをやめたきっかけ

私のヘアカラー歴は18歳からの約15年間です。その他にもエクステ、パーマ、縮毛矯正など髪のオシャレを楽しむと同時に髪を痛めつけていたと思います。髪の毛が太くて量が多い事が悩みでした。

30歳を過ぎた頃、鏡を見て前髪が薄くなった?と感じた事が始まりでした。毛根と毛根の間のすき間が目立つような気がする。薄くなってきたことで悩む日が来るなんて、30歳も過ぎれば当たり前の事かもしれませんがショックでした。
原因は食生活、運動不足、ストレス等が関係していると思いますが、ヘアカラーの薬剤が影響しているのではないかと考えて一度カラーをやめてみることにしました。

 

①美容院の滞在時間の短縮

以前のメニューはカット・カラー・トリートメントで、受付からお会計まで済ませるのに約2時間半〜3時間かかっていました。カラーは薬剤を塗ってから約20分時間を置くのですが、担当者(カウンセリングとカットと仕上げ)とカラーとトリートメントを行うスタッフがそれぞれ別なので次の技術に入る時、待たされることがほとんどでした。(私が通っていた所がこのスタイルでした)お会計が終わりお店を出ると、どっと疲れを感じていました。

現在のメニューは、カット・トリートメント受付からお会計まで約1時間です。疲れはほとんど感じません。滞在時間の約2時間の差は大きいです。短編の本であれば1冊読めてしまうかもしれません。年4回美容院に行きますが8時間も他に使える時間が増えました。

 

②節約になった

以前行っていた美容院のカラーは7800円でした。髪が傷みにくい通常のカラーよりも高いカラーをしていました。今考えると7800円はとても高く感じますが、当時は払う価値があると思っていたんだと思います。何にお金を使うか、何に価値を求めるのか、私自身考えが変わったんだと思います。

美容院は年4回行っていたので7800円×4回=31200円。年間31200円の節約になりました。

 

③ツヤが出てきた

ヘアカラーをしていた時はシャンプー・トリートメントや洗い流さないタイプのトリートメントはサロン専売品を使っていました。高いトリートメントを使って保湿をしても髪のパサパサ感があり、手触りは固くツヤはあまりありませんでした。美容院で行うトリートメントの効果も1週間くらいで感じなくなっていました。

カラーをやめてからはツヤが出てきて、髪の毛が柔らかくなりました。パサパサ感も少なくなって、髪がまとまりやすくなりました。前より髪の毛にかけるお金も手間も減ったのに、髪が生き生きしている気がします

以前使用していたサロン専売品のシャンプー・トリートメントと洗い流さないトリートメントはヘアカラーをやめた時に見直しました。現在は着色料やパラベンが含まれていないもの、植物から作られているものを使用しています。

④前髪が生えてきた

薄く感じていた前髪は少しづつですが生えてきました。最初は細い毛がチョロチョロと生えて、その後は通常時の太さに。まだ毛根が生きていたんだと感動しました。

 

⑤頭皮の色が白くなった

以前は頭皮の色が赤みを帯びていました。頭皮の本来の色は、透き通った青白い色が健康なんだそうです現在は赤みもなく青白い頭皮です。

 

⑥プリンにならない

カラーをしていると誰しもが経験したことがあると思いますが、地毛が生えてきてカラーをした髪と色の差が出てきます。根本が黒くその先がカラーの色でプリンですね。プリンは正直見栄えが良くありません。自分自身、プリンの状態の時は鏡を見る度に憂鬱な気分になっていました。カラーをしなければプリンになる事もないです。

 

まとめ

髪そのものに変化を求めた20代でしたが、30代では生えてくる髪が健康であることを求めるようになりました。現在は運動や食事に力を入れていて、ストレスも溜めないように心がけています。健康も髪の毛も一日で劇的に変化させることはできないので、コツコツやっていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました