【DIY】キャスター付き すのこが初心者でも簡単に出来ました

スポンサーリンク

自分の欲しいサイズが売っていなかったので、キャスター付き すのこを手作りました。
DIY初心者の私でも、15分ほどで完成させることが出来ました。

キャスター付き すのこを作ってみよう

重いものを移動させるのが辛くなり、キャスター付きの台が欲しくなりました。
販売されているものを見てみたのですが、欲しいサイズがなかったり、素材があまり気に入らなかったり、値段が高かったりと購入には至りませんでした。
欲しいものがないなら、作ってみようということでDIYを始めてみました。

 

必要なもの

工具

マキタの工具を使用しました。しっくり手に馴染んで、使い方も簡単です。
ライト付き、持ち手を真っ直ぐにして使用することもできます。

材料

●木材
1×4を使用しました。自分の好みのサイズにカットします。5本用意します。1×4はホームセンターで購入した際にカットしてもらいました。ホームセンターによってカットは無料か有料か異なると思うので、確認してください。

 

 

●ネジ
1×4を重ねた所がとまるくらいの長さのネジ
キャスターをつけるネジ長さが35mmと16mmを使用しました。

 

キャスター
4つ用意します。1つにつき耐荷重が8kg。4つで32kg。キャスターは固定されているタイプではなく、360度動くタイプです。

 

材料費

木材→1×4を1本、約200円。
ネジ→ネジは以前に購入したものを使用したので価格は忘れましたが、そこまで高いものは使用していないと思います。
キャスター→1個127円×4=508円

1000円あれば材料は揃えることができます。

 

工程

並べてみる

仕上がり具合を確認するため並べてみます。ここで、木のどの面を表(3本)にするか、足の部分(2本)にするかを決めます。
木目がそれぞれ異なるので、どの木目を表にするか決めるのも楽しみの一つです。
あとは、表の木の間を空けるかどうかも決めます。今回は少し空けました。

 

穴をあける

木材の位置が決まったら、ネジを打つ前に穴をあけます。マキタのドリルであけていきます。
足の木材1本につき12ヶ所の穴をあけます。計24ヶ所、穴をあけます。

 

ネジを打っていく

24本のネジをひたすら打っていきます。(写真の右から2番目のネジを打つのを忘れましたが、完成時には打っています)

 

キャスターをつける

キャスターをつける位置を決めます。
位置が決まったら、キャスター1個につき4ヶ所の穴をあけます。計16ヶ所。

 

穴を空けたらネジを打ちます。長さは16mm。

 

キャスターを4個つけました。

 

完成

少し木の間の距離がずれて一定ではないけれど(笑)

 

斜め

 

キッチンに置いてみる

 

 

水を載せてみました 。

ちゃんと移動できます!感動です!移動が本当に楽〜もっと欲しい!!

 

おわりに

私はDIY初心者ですが15分程で作ることができました。少しずれてしまった所もありますが、それはご愛嬌ということで。
何より、自分で作ったものは愛着が湧きます。無駄にコロコロ移動させたくなりますよ(笑)

タイトルとURLをコピーしました